著作権

  • 当ブログに掲載されているコンテンツ(文章、情報、画像)などの無断複写・転載・引用を禁じます。 著作権は、日本国著作権法及び国際条約により保護されています。

koyomi

お誕生日

  • お誕生日


ココフラッシュ


大好きうさぎサイト♪

神社・お寺散策

2017/02/20

調神社 浦和 

日曜日に思いがけず調神社に参拝しました。

Syukudsc07517

久しぶりのつきのみやさま。狛犬ならぬ兎

Syukudsc07518

前に参拝したときのよりも新しくなっていました。

Syukudsc07516

親兎の手が子兎にかかっているのがたまりません♪

Syukudsc07496

手水舎もウサギさん

Syukudsc07495

ひゃー可愛いheartとテンションあがるのをぐっと堪えて

Syukudsc07511

心鎮めて参拝させていただきました。

 
 
創建:開化天皇22年(紀元前156年)
社格:延喜式内社(小社) 旧・縣社

 

御祭神 

天照大御神、 豊宇気姫命、素盞嗚命

Syukudsc07499

古い狛兎さんはこちらに。

Syukudsc07502

池にも兎

Syukudsc07503

稲荷社にも美しい兎

Syukudsc07507

剣を携える素戔嗚尊さまと思われる像

Syukudsc07525

御朱印

Syukudsc07523

御朱印帳も兎

Syukudsc07524

調宮兎守りも麗しい。
兎は当社の使姫として古来より印譜、灯籠等にも用いられ・・と
書いてありました。使姫という文字、、珍しいですね。

心が波立ち落ち込む事がありましたので参拝して
とても心が洗われました。
鳥居が無い、狛犬が居ないなど不思議なお社です。
豆千代も日向詩も埼玉のブリーダーさんから譲っていただいた
事から埼玉県のつきのみやさまにお参りができて嬉しかったです。

2012/06/30

北口本宮富士浅間神社

Dsc04468

日曜日。北口本宮富士浅間神社へ参拝いたしました。

Dsc04471

大きな鳥居です。

御祭神
木花開耶姫命 (このはなさくやひめのみこと)
彦火瓊瓊杵命 (あまつひこほのににぎのみこと)
大山祇神 (おおやまずみのかみ)

Dsc04475

大杉のトンネルが清々しい

Dsc04481

清らかな富士の霊水が流れています。

Dsc04485

日本一大きな大鳥居だそうです

Dsc04532

Dsc04495

御神木と七夕の短冊

Dsc04497

御神木夫婦杉

Dsc04498

梅雨の合間のお天気でしたが
本当に清々しくてベンチに座りながら癒されましたhappy01

Dsc04533

Dsc04510

龍だ~!!って思うところが沢山あって
やはり・・というか、諏訪大明神様がいらっしゃいました。

Dsc04496

Dsc04587

その後は大塚丘を参拝した後
西湖の竜宮洞穴へ参拝いたしました。
ここにはセノウミ神社の祠があります。
御祭神 豊玉姫命
雨乞いの龍神様を祀っています。

Dsc04585

やっぱりというか・・梅雨雲に隠れて
富士山は全く見ることができませんでしたcoldsweats01
帰りにちょっとだけ頭をのぞかせてましたけどね。
諏訪に行った時も大雨と霧で全く諏訪湖が見えなかったけど
同じような感じですね。在る意味歓迎なんでしょうかw

Dsc04570

帰り道鳴沢村の「たまな」さんで完全無農薬野菜を買いました。

Dsc04569

なんと、社長さんはうさぎさんheart04
ぎんなん君です。たまなさんHPはこちら。
http://www.geocities.jp/narusawa_tamana2000/

Dsc04567

銀ちゃんはお耳がプロペラでとぉ~っても可愛いのですよheart01
ゴボウ茶もご馳走になって、うさぎ話に華が咲きました♪
美味しいお野菜沢山おみやげに買えて満足です。
おまけも沢山ありがとうございますっ

Dsc04588

Dsc04590

うまうまでち~heart

Dsc04608

今まで生野菜を食べようとしなかったNEUやLADYまで
水菜や大根の葉を食べました!!
びっくりですhappy02
動物は本当に素直だなぁ~。

2012/06/21

夏越の大祓え

日曜日は鹿島神宮と香取神宮へ参拝いたしました。

Dsc04389

震災で倒れた大鳥居跡

Dsc04388

4月以来の参拝、鹿島神宮。

Dsc04390

どこからか甘いお花の香りが漂っていました。

Dsc04393

6月30日は夏越の大祓えです。

年に二度おこなわれ、六月の大祓を夏越(なごし)の祓と呼びます。大祓詞を唱え、人形(ひとがた・人の形に切った白紙)などを用いて、身についた半年間の穢れを祓い、無病息災を祈るため、
茅や藁を束ねた茅の輪(ちのわ)を神前に立てて、これを三回くぐりながら「水無月の夏越の祓する人は千歳の命のぶというなり」と唱えます。
神社庁より。

Dsc04392

皆様も是非、お近くの神社にお参りされてくださいね。

Dsc04400

神鹿さんも生まれたばかりの小さな子がいて可愛かったheart

Dsc04404

清らかな杜です。

Dsc04420

のんびり散歩、ゆったりとした時を過ごしました。

Dsc04425

その後、香取神宮にも参拝。

Dsc04447

雨上がりの樹木が瑞々しく美しかったです。

2012/05/21

奥秩父・神社巡り

日曜日、秩父の神社へ参拝しました。

Dsc04116

知知夫国の総鎮守、秩父神社
御祭神
八意思兼命、知知夫彦命、天之御中主神

境内に入った途端、目に飛び込んできたのは結婚式。
おめでたいですねheart綺麗な花嫁さん、幸せそうでした♪

Dsc04132

社殿の彫刻が非常に美しいお宮でした。

Dsc04148

Dsc04139

Dsc04127

秩父神社にも御柱がありました。

参拝を終えて少し移動。

Dsc04160

Dsc04159

神仏習合の修験道の神社
今宮神社
御祭神
伊邪那岐大神・伊邪那美大神
須佐之男大神・八大龍王神・宮中八神
聖観音・役小角(えんのおづの)
馬頭観音・辨財天
写真は入ってすぐの龍神池

Dsc04171

雄大で素晴らしい龍神木がありました。

Dsc04174

龍神木の由来

当社縁起によれば、この社には奈良時代より八大龍王神と
宮中八神(大宮売神・高産日神・神産日神・生産日神・足産日神・事代主神・
玉積産日神・御食津神)が祀られていました。

この大けやきには空洞があり、昔から「洞木(どうぎ)」と呼んで
龍神の棲家であると云われてきました。

平成3年12月30日、元旦祭の準備のため
当所茂木武以下数名の氏子たちが社殿の清掃をしていたとき
奉安してあった御神体(龍の彫り物)がにわかに動き出し
周囲に突風が舞い起りました。

そこに居合わせた宮司も氏子も一斎に驚きの声をあげました。
風は竜巻きとなって大空を駆けのぼり、やがて
大けやきの空洞のあたりに消へていきました。
1時30分のことと社誌には記されています。

万物に生命を授けてくださる龍神をもっと大切にしたい、という
時代の要請に応へて、永い眠りから醒められた八大龍王神が
この社に奉仕する人々に対して「歓喜=よろこび」を
顕わしてくださったのにちがいない、と人々は思いました。

この不思議な出来事をまのあたりにした宮司と氏子たちは
このことを記録にのこしました。
それからこの大けやきを『龍(+あめかんむり)龗神木』と呼んでいます。

Dsc04191

龍神様の宿る御神木、弁財天様、観音様にも参拝でき
とても素敵な神社でした。
また参拝したいと思いますhappy01

Dsc04193

少しお腹空いたので「くろうさぎ」さんでパンを購入

Dsc04195

うさぎさんがいっぱいの可愛いお店です。

Dsc04138

さあ、山を登って三峯神社を目指します♪

Dsc04201

緑も青々

Dsc04204

かいどうの花が可愛らしく咲いていました。

Dsc04206

秩父市県社 三峯神社
御祭神
伊弉諾尊、伊弉冉尊、造化三神、天照大神
12代景行天皇の御代、日本武尊東征時に創建

鳥居はめずらしい三ツ鳥居

Dsc04212

Dsc04213

三峯さんの御眷属は山犬=狼
まずはご挨拶を。「参拝させていただきます」

Dsc04214

笑っているみたいなお顔に思わずニッコリhappy01

Dsc04216

山を車で結構登ってくるのですが
不思議と寒くなく、暖かく感じました。
修験の神社なので厳しいイメージでしたが本当に優しい氣に満ちているのです。

こちらに参拝したいと思ったのは佐倉・麻賀多神社の三峯社で
手を合わせていたら、真冬なのに合わせた手がカァーッと熱を持ったのです。
それがとても不思議だなと心に残りいつか参拝しようと思いました。
その後、生まれ育った家のすぐ近くにあった小さな神社が三峯神社だと知りました。

Dsc04227

御神木が並んでいます

Dsc04239

自動販売機も狼モチーフ。
参拝後、境内の喫茶で美味しい珈琲をいただきました(^○^)
のんびり散策していたら、真っ白な大きなワンコさんが参拝していました。
もののけ姫に出てくるようなワンコさんでしたよ。

Dsc04248

Dsc04252

Dsc04258

奥宮遙拝所

Dsc04263

帰りは温泉に入ってお食事。ゆっくりと帰り道。
道路に野生のお猿さん達が出てきてお見送りしてくれました。

Dsc04268

きれいな荒川の源流。ふと瀬織津姫を感じました。

Dsc04273

三峯さんの出先安全守り、可愛いですよねhappy01
巡った三社とも本当に素晴らしい神社でした。眼福でしたshine

2012/04/02

東国三社巡り

1日、日曜日
東国三社、おついたち参りをしました。
2回目になりますhappy01

まずは麻賀多神社参拝。

Dsc_6385

お日さまも春。
桜のつぼみも膨らんでいましたね。
(虹はただのレンズハレーションです゜.+:。(*´v`*)゜.+:。)

Dsc_6392

麻賀多神社のあとは香取神宮へ参拝しました。
桜祭り開催中となっていたけれどまだ咲いていませんでしたね。
来週は綺麗に咲いているのでしょうね。美人桜と言われていますcherryblossom
拝殿は屋根の修復工事中でした。

Dsc_6396

Dsc_6398

苔の緑も美しかった。

Dsc_6409

香取神宮、御神木
気持ちの良いお天気で何度も「気持ちいいなぁ~~heart04」って
つぶやきながら歩いていました♪

Dsc_6422

次に向かったのは鹿島神宮です。

Dsc_6426

参拝後、ふたりで御神籤をひきました。

Dsc03727

二人揃って大吉shine
夫婦同時に大吉は3度目ですhappy01
私は鹿嶋さまで3回ひいて3回とも大吉です。
産土神さまからのご褒美か。。すごく嬉しかったです♪
旦那さんはかなりびっくりしていました(笑)

「神の誠を心に得れば己も神の如く尊い人である
左様に尊い人であって神の寵愛に洩れるはずはない」

番号が違うのにこのお言葉が同じでした。

Dsc_6437

要石 地震がおさまりますように。

Dsc_6445

清く美しい御手洗の池 霊泉をいただきました。

Dsc_6453

鹿島神宮、何度来ても癒されます。

Dsc_6459

東国三社、最後は息栖神社です。

Dsc03718

ハッとする朱色の美しさです。

Dsc03707

御祭神 岐神
配祀 天鳥船命 住吉三神

御神木には白蛇さんがいるのだそうです

Dsc_6460

忍潮井

Dsc_6464

良いお天気に恵まれて
伊勢参りの後の禊、東国三社参りができましたhappy01

Dsc03725

帰り道の夕陽綺麗でした。素敵な1日に感謝shine

2012/03/26

玉前神社と玉崎神社2

Dsc03645

いすみの玉崎神社から車で1時間ほどで旭市の玉崎神社へ来ました。

Dsc03647

玉崎神社 「飯岡の明神様」 千葉県旭市飯岡2126  
御祭神
玉依毘賣命 配祀 日本武尊

Dsc03649

御神木

Dsc03682_small

景行天皇40年の創建という歴史と由緒あるお社です。
陽が晴れて来たのでゆっくり境内をお散歩しました。

御朱印がいただけなかったのが残念sweat01
またお参りにこよう。

Dsc03641

神社のすぐ近くが飯岡の海です。
1年経っても大震災の津波の爪痕が残っています。

Dsc03642

あちらこちらに空き地が目立ちました。
震災の大きさを肌で感じます。
もう、このような災害が二度と起こらないことを祈りながら
玉崎神社を後にしました。
無計画で外房の海を見に来ましたが
ナビを見ながら走り、気がつけば玉前神社と玉崎神社、
海の一の鳥居、旭市飯岡の玉崎神社と巡った1日でした

玉前神社と玉崎神社

日曜日
海が見たくなって外房へドライブに行きました。
海を眺めて、まずは神社へhappy01
最近、御朱印集めが趣味になっています(笑)
自然も多くて気持ちよい、社寺巡ラー楽しいです♪

Dsc03553

上総国一宮 玉前神社
千葉県長生郡一宮町一宮
御祭神、玉依姫命(たまよりひめのみこと)、玉前大神

Dsc03563

外房に以前住んでいたのに、初めて参拝しました。

Dsc03564

凛々しい狛犬さん

Dsc03574

手水舎の龍

Dsc03576

知恵の輪くぐりをくぐらせていただきました♪
脳力アップすればいいな。

Dsc03577

社殿の大修理中だそうです。
本殿は黒漆の権現造で美しいお社でした。
女神さまらしい雰囲気ですね。

Dsc03591

十二神神社の神さま達の名を見ていましたら
土地の神様と出雲神ばかりでした。

Dsc03557_small
日本武尊の白鳥の井戸の御神水
社伝によると、伊吹山で最期を遂げた日本武尊が一羽の白鳥となって
弟橘姫命の亡くなった上総の地へ飛来した。

玉前神社の上空を舞っていると、一枚の羽がこの井戸に吸い込まれていった。 
その時太東岬の近くの湖に弟橘姫命の化身である雌の白鳥が現れたという

    
御守りと御朱印をいただいて帰りました。

Dsc03686

Dsc03639

その後、海を眺めに海岸へ寄ったら
なんと十二社の鳥居がありました。
全く知らなくて入ったのでびっくり!

Dsc03638

雨雲と晴れ間の合間、広い海を見て気分もリフレッシュです♪
竜宮の姫神さまだから雨の歓迎ですかね(≧m≦)

Dsc03598

次に参拝したのはいすみ市の玉崎神社
(上総一ノ宮の玉前神社の元宮)
御祭神
豊玉毘売命(トヨタマヒメノミコト) 
火遠理尊(山幸彦)(ホオリノミコト) 
鵜葦草葦不合命(ウガヤフキアエズノミコト)

Dsc03601

Dsc03603

こちらの狛犬さんはワンコっぽくて可愛いですnote

Dsc03606

茅の輪があったので旦那と一緒にぐぐってお参りさせていただきました。

Dsc03614

誰もいない静かなお社でしたが
とっても落ち着くというか、好きな神社だな~って感じました。

Dsc03617

御神木 天然記念物の椎の木

Dsc03631_small

摂社、琴平神社、御祭神「大物主命」
緑に囲まれているお社
深呼吸、深呼吸♪

Dsc03618

玉崎神社は、春分の日に太陽が真東から昇り、玉崎神社から
寒川神社―富士山―元伊勢―出雲大社へ抜けるレイラインで結ばれて
いるのだそうです。

Daisenfuji

春分秋分には玉前(玉崎)神社ー寒川神社、富士浅間神社、富士山頂、七面山、 琵琶湖の竹生島、大山ー出雲大社と繋がる天道の道、
太陽の運行線だそうです。

千葉県観光WEB辞典
玉前神社

http://www.chibabox.com/wiki/index.php?title=%E7%8E%89%E5%89%8D%E7%A5%9E%E7%A4%BE

すごい!不思議ですね。
太古の人々はそれがわかっていたのでしょうか。

Dsc03621

社殿の龍、まるで生きているような素晴らしい龍の彫り物でした。

清々しい風が吹き、鶯の鳴き声が美しく響いていましたshine
ずっとココに居たいって思える神社でした。

Dsc03688

玉崎神社の御神籤は大吉でしたheart
可愛らしい招き猫が入ってましたよ。
玉崎神社の大神さま、ありがとうございます。

続く

2012/03/20

二宮神社

日曜日の朝
伊勢の旅の、お礼参りに麻賀多さまへ参拝しました。

Dsc_8557

いつもなら誰かしら参拝者のいるお社に
珍しくわたしたちだけ。
ゆっくりと参拝できました。

Dsc_8553

雨も丁度止み、誰もいない麻賀多さま。
清々しい時間でした。「無事の旅でした。感謝いたしますhappy01

「どなたもいないなんて、最近では珍しいね」と話ながら
帰ろうとふと前を見ると、何組かの参拝者の姿が。
車に乗り込んだら、大粒の雨が降ってきました。
タイミングが良かったねって笑顔になりました。

買い物を済ませ、行きたかった神社へ連れて行ってもらいました。
船橋の二宮神社です。

Dsc03507

二宮神社の創建は平安初期の弘仁年間と伝えられています。
御祭神
速須佐之男命
配祀 稻田比賣、大國主命 、
藤原時平 、大雀命 (おおさざきのみこと)、誉田別命

Dsc03508

一の鳥居を潜り、小川の流れる窪地の参道を上がります。

Dsc03513

歴史ある社殿

Dsc03515

御神木の公孫樹

Dsc03521

神楽殿の獅子。大きな瞳で可愛らしいこと。
豆っちに似てる~って思っちゃいましたbleah

Dsc03528

帰り道こっちこっち、、、って呼ばれて見てみると
これは、龍さんではありませんかsign03
木の枝が龍に見えますよね。
下総国二宮、二宮神社とても素晴らしい神社でした。
御朱印帳忘れちゃったのでまた参拝に行こう♪

2012/03/13

伊勢神宮参拝2

Dsc03349

おかげ参りの絵のバス。
江戸時代に流行った集団参拝だそう。
江戸からは片道15日間。今は日帰りが可能だものね。

バスに乗って内宮へ向かう途中にある猿田彦神社に寄りました。

Dsc03352

猿田彦神社
御祭神:猿田彦大神
佐瑠女神社 
御祭神:天宇受賣命

Dsc_0485_small

天孫降臨の先導役である猿田彦大神はみちひらきの神様。
千葉の猿田神社には良くお参りするので親しみのある神様です^^

御守りをいただき御神籤をひきました。

Dsc_0548

大吉でした~shine

Dsc_0488

境内にある佐瑠女神社の御神紋が、
我が家の家紋と同じ鶴丸でびっくり!!
天宇受賣命さまが大好きなわたし。
なんだかとっても嬉しかったです♪
さぁ、次は内宮へ。

Dsc_0494

皇大神宮 内宮

御祭神
天照坐皇大御神
相殿 手力男神 萬幡豊秋津姫命

Dsc03373

五十鈴川にかかる宇治橋を渡ります。
「なにごとのおはしますかは知らねども かたじけなさに涙こぼるる 」
 西行法師

Dsc_0496_small

澄んだ水面の五十鈴川

Dsc_0500

玉砂利をザックザックと踏みしめて本殿へ向かうと
なんとも言えぬ気持ちが湧いてくる。心が引き締まってくるようだ。

Dsc03401

清らかな流れの五十鈴川。
とても気持ちが良かったなshine

Dsc_0506

この鳥居は20年前の建て替え時本殿を支えていた御柱。
来年が二十年に一回の式年遷宮が行われる年。
20年間の年幾瀬の神宮を見ることができて良かった。


この日は本当に多くの人が参拝に来られていました。
3月10日は東京大空襲の日でもあり、明日は東北大震災1年目。
無慈悲なあの震災。
日本の国が安寧で平らでありますようにとお祈りしました。
参拝の時、御帳がふわぁ~と開き上がりました。

Dsc03434

荒祭宮、手前の階段にある踏まぬ石。
踏まないで良かった(笑)

Dsc_0534

神鶏もたくさんいました。

Dsc03467

Dsc_8543

神宮の神様に感謝heart

Dsc03470

帰りはおかげ横町を通って
急ぎ足、半日の伊勢参りでした。
本当に素敵な1日でした。
連れて行ってくれた旦那さん、らびままさん、本当にありがとうhappy01

伊勢神宮参拝

3月10日

早朝5時、伊勢神宮に向かう。
朝はすごい雨で傘をさしていても全身びしょ濡れになるぐらい。
これは禊ぎなのか!?sweat01と思いながら駅へ向かった。

品川の新幹線ホームに着いたら雪が舞っていた。
本当に寒い朝でした。
新幹線に乗って暫くしたら雪も止んだようです。
伊勢も曇り模様なのかなと思っていましたが
伊勢市駅に着いたら晴れていましたhappy01

Dsc_0420

外宮から参拝しました。

豊受大神宮 外宮
御祭神
豊受大御神

火除橋を渡り、鳥居をくぐります。

Dsc_0427

Dsc03294

空も青く晴れ、気持ちの良いお天気となりました。
龍雲が悠々と泳いでいました。Dsc03324

外宮の御正宮で日々の感謝のお祈りをしました。

Dsc03288

Dsc03302

石段を上がり多賀宮へ向かいます。

Dsc_0448_small

豊受大御神の荒御魂をおまつりしている。

苔生した藁屋根からキラキラと雨のしずくが落ちてくる。
それを無心で眺めていたら、ただただ感謝の思いが膨らみ
気がつけば涙が溢れていた。
それが自分でも驚いてしまったのだが、このお宮には何か
感じるものが強かった。
でもそれが何なのかは言葉では言い表せない。

多賀宮の杜は柔らかな光に溢れていましたshine
ふと見上げたら誰も居ない!
わぁ~って一時心奪われてしまった多賀宮への石段です。

Dsc_0458_small

Dsc03329

みんなが手をかざしていた御正宮まえにある三ツ石
そばに立ってみましたが、残念ながら私には何も感じられなかったですcoldsweats01
(神宮全部がビリビリ来る感じわからない状態でしたw)
でしめ縄で囲まれていたのでそれを越えて手をかざすのはいかがなものか?とちょっと心配になりましたsweat01Dsc03287

外宮の後は内宮へ向かいます。

より以前の記事一覧

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ウェブページ

里親募集

無料ブログはココログ